脱毛器コストパフォーマンスを比較してみた

「ラヴィ」家庭用IPL光脱毛器トップクラスのハイパワーながら、お求めやすい価格が魅力です。

本体価格49,000円 カートリッジ価格4,200円 ワンショット0.21円照射面積2.0cm×3.0cm カートリッジ1個あたりの照射回数20,000回サロンと同レベルのハイパワーを実現。脱毛エステから乗り換える人が多いのも納得です。

ハイパワーな脱毛はもちろん、お肌にうれしい美顔やボディトリートメントにも使えます。

「ヒカリエピ」低価格ながらフラッシュ脱毛が可能な、お買い得モデルです。

本体価格24,800円 カートリッジ価格3,980円 ワンショット2.65円照射面積2.0cm×3.5cm カートリッジ1個あたりの照射回数1,500回なんといっても安さが魅力のフラッシュ式脱毛器。毛抜きやカミソリを卒業したい人や、

費用をかけずにフラッシュ脱毛デビューをしたい人におススメの、ビギナー向け脱毛器です。

価格と性能、コストパフォーマンスを総合するとイチオシはやっぱり「ケノン」です。

ケノンは本体価格は7万円前後と他の脱毛器比べると高額のイメージですが、カートリッジの照射面積がエクストララージカートリッジな3.7cm×2.5㎝で圧倒的な照射面積を誇っています。

しかもカートリッジ1個あたりの照射回数は20万回で他の脱毛器の数十倍使用できるので、比べものにならないほどの性能差があります。

そのことから、ランニングコストがとても安いため、数年使用すると本体価格とカートリッジを合わせても逆転してしまうといわれています。

そんなことから、本体は高いけれどコストパフォーマンスや性能が圧倒的に高い機能の方がお得と言えるんです。

家庭用脱毛器を選ぶならやっぱり、ランニングコストがかからないのが一番ですね。

長年使い続けていくことを考えると湘南美容外科 口コミ ひげこのようなクリニックの方が将来的には安上がりです。

なぜかというと、クリニックの医療レーザー脱毛器は永久脱毛なので、いちど脱毛が完了してしまうと、ムダ毛は永遠に生えてこないからです。